やいづボーイズの活動ブログ (焼津ボーイズ ブログ)

焼津市を拠点にアウトドアスポーツをゆる~く 楽しむサークルです
<   2015年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧
南アルプス 白根三山日帰り縦走してきました

Marathon Ekiden Trailrunning
f0353182_11193029.jpg
先週の北アルプス常念岳~蝶ヶ岳稜線散歩はあいにくの荒天で残念な結果となってしまいましたが、前々からその稜線散歩を超楽しみにしていた私えいたろうは、心中穏やかではないまま三連休明けの仕事をしていました。
金曜日も業務終了後まっすぐ帰宅し、「どこかに行ってやる!」と山と高原地図を物色して・・・選んだのが「白根三山日帰り縦走」でした。コースタイム18時間10分のこのルートをどのくらいで行けるのか?自分の中でも未知の領域との勝負です!

金曜日23時頃自宅を出発し、奈良田を目指す。道も空いていて二時間ほどで到着、なんとかバス停近くの第一駐車場にスペースを見つけてとりあえず仮眠。
4時ちょっとすぎに起床。いい具合に晴れている!支度して5時前にはバス停にリュックを並べて5:30始発のバスを待つ。ほどなくバスも到着して切符を買って乗り込んだ。バスは第一駐車場から1台。第二駐車場から2台出るようだ。広河原まで約50分。途中渓流釣りのおじさんたちを降ろしたり、歩き沢から池山吊尾根を経て北岳~間ノ岳~農鳥岳~広河内岳~笹山から奈良田まで戻るという横浜から来たトレランナーの猛者3人組を降ろしたりして6:20広河原到着。広河原は夜叉神峠からのバスや、広河原のテン場から帰る人などで込み合っていた。
f0353182_20172912.jpg
吊橋を渡って広河原山荘のトイレに寄って6:30スタート。吊橋からは良い感じで八本歯のコルやらバットレスが見える。
f0353182_00515920.jpg
今日のコースは、最初大樺沢二俣まで行って、右俣コース~肩の小屋経由で北岳へ上がるもの。三山縦走ではこれが一番効率が良いし北岳登山を満喫できるのではないか?
序盤は勾配もそれほどキツくなく、先行する登山者に挨拶しながら抜かせてもらう。二俣の分岐まで約1時間。いよいよ急登に差し掛かる。
f0353182_20244475.jpg
雪渓もところどころに残るが、もう完全に夏山の様相。
f0353182_01002982.jpg
森林限界を越えて振り向くと1か月前に行った雨の鳳凰三山が今日はいい感じに姿を見せてくれる。
f0353182_01024506.jpg
8:41肩の小屋に到着。写真だけ撮って通過。
f0353182_01050506.jpg
9:02北岳山頂。稜線に出ると風が強く少し寒かったが、久しぶりの焼津ボーイズ蛍光イエローTシャツで記念撮影!(看板が新しくなっていた!)
f0353182_20260526.jpg
甲斐駒ヶ岳も、
f0353182_01121753.jpg
仙丈ケ岳もバッチリ見えます!!
f0353182_01123889.jpg

そして、今から行く間ノ岳への稜線伝いの登山道も。これこれ!これが見たかったんだよ~
f0353182_20284391.jpg
北岳山荘まで下ってきてトイレ休憩とコーラ補給^^
北岳山荘は、かの黒川紀章設計の山小屋!全室富士山ビューとか・・
f0353182_20290528.jpg
f0353182_01184719.jpg
間ノ岳へ向けて進む。こんな感じの稜線歩きで気持ちい~~
f0353182_01202430.jpg
途中ニセピーク?!の中白峰山があり・・
f0353182_01205059.jpg
振り返れば、北岳、甲斐駒ヶ岳、仙丈ケ岳の南アルプス北部のオールスターが一望できます!あ~素晴らしい^^
f0353182_01240624.jpg
そんなこんなで間ノ岳登頂10:36.スタートから4時間ちょっと。なかなか良いペース!!
f0353182_20300427.jpg
さあ、ここから農鳥岳へ向けて・・・まずは農鳥小屋です。さまざまなところで噂の農取小屋管理人さん!この日も昼前のひと時、双眼鏡で間ノ岳から下ってくる登山者を観察しています(左端のドラム缶に座っている人!)。きっと叱りつける人を物色しているのかも?!
私も西農鳥岳へ向かう登山道を間違えて注意されました^^; 「ちゃんと書いてあるじゃん」「ハイ、すみません・・」。
f0353182_20304203.jpg
農鳥岳は西農鳥岳と農鳥岳から成るが、西農鳥岳方が標高が高いみたい。でも山頂は狭いからすぐに通過。農鳥岳へ向かう。
だいぶ登ってきたな~!間ノ岳、北岳の背後に八ヶ岳も遠望できる。
f0353182_20312510.jpg

12:05(スタートから5:35)農鳥岳山頂に到着。ここでお昼ご飯。真正面に富士山を見ながら標高3000mでコンビニおにぎりをいただく^^
f0353182_01431343.jpg
f0353182_01450652.jpg
さあ、あとは大門沢分岐まで行って下るだけ。でも・・なんだか急に寂しくなってくる。
だってこんな景色がもう見れなくなっちゃうから!
f0353182_01483304.jpg
f0353182_01361348.jpg
泣く泣く稜線歩きに別れを告げて、大門沢下降点から下りはじめる。
f0353182_20371737.jpg
稜線では風も強く寒さを感じたものの、下りはじめて樹林帯に入れはすぐに暑くなる。下りはじめて約1時間、大門沢小屋に到着してコーラチャージ!ついでに水ももらう。
f0353182_01544404.jpg
ところどころ沢を渡るが、はしが崩落しかけていたり増水して渡れなかったり(水につかってジャブジャブ渡った)、なかなかワイルド!
f0353182_01570595.jpg
f0353182_01573698.jpg
やっとのことで下ってきて、最後4kmほどは未舗装林道と舗装路をラン。日差しが照りつけて暑い!!道沿いの自販機で飲み物をチャージしてようやくゴール。活動時間約9時間(休憩込)、大門沢後半の下りとロード以外はほとんど歩きでトレランというよりは軽快登山だった。
先週の北アルプスの倍返しで素晴らしい天気のもと、3000mの天空散歩ができた。ホントこんな幸せな気持ちで山歩きしたのは初めてかもしれない^^;。すべてに感謝!!




投稿者:えいたろう


[PR]
by yaizuboys | 2015-07-26 02:12 | 登山 | Comments(2)
2015北アルプス第一弾 またまた雨の常念岳~蝶ヶ岳

Marathon Ekiden Trailrunning
f0353182_11193029.jpg
8/19(日)は焼津ボーイズ北アルプス遠征第一弾!!常念岳~蝶ヶ岳に行ってきました。

メンバーは、ボーイズの登山部主将!チャーリーさんを筆頭にりょこさん、みーやさん、SKYからの特別招待選手?!シマさん、道志7時間切りの快速トレランナーNさん、三茶塾(でいいよね?)からエリーさんに私えいたろうを加えた総勢7名。
最初のプランは一ノ沢からの常念岳ピストンだったが、欲が出て三俣起点で常念~蝶ヶ岳を縦走するプランをチャーリーさんに打診。とりあえずプラン変更可能な三俣の駐車場へ行くことにした。

3連休中日で駐車場が込むだろうということで、新東名清水PAに0時集合という早出。11時前に自宅を出発して静岡市内組をピックアップ。予定通り清水PAで合流した。
三俣Pに3時過ぎに到着するも50~60台置ける駐車場はほぼ満車。なんとかスペースを見つけて駐車した。気になったのは、1台でも多く駐車できるように譲り合うところ、堂々と駐車区画内にテントを張っていたおバカさんがいたこと^^;

車中で仮眠するが、フロントガラスを雨粒が叩く。おかしいな~快晴の山歩きを想定していたのに・・・。眠れるはずもなく5時前から準備開始。それでもスタートする頃には虹も見えて、一気にテンションアップした。
f0353182_12055755.jpg
f0353182_12161085.jpg



5:10すぎにスタート!まずは沢沿いの林道を歩き、補導所に登山届を提出して登山口に入る。登山届に生年月日の記入欄もありましたよねエリーさん!

f0353182_13403095.jpg


序盤はこんな感じで遠足気分^^ しばらくは樹林帯を進む。
f0353182_13405601.jpg
f0353182_13411353.jpg
雨は上がったが、稜線を望むと厚い雲に覆われている・・・。
f0353182_12083649.jpg
それでも下を見れば雲海の下に安曇野市街地を遠望できる。
f0353182_12090591.jpg
樹林帯を抜けてハシゴを登ると、森林限界を越えて一気に視界が開けた。
f0353182_12084784.jpg
雷鳥もすぐそばを通りかかった。保護色でちょっと分かりづらい^^;
f0353182_13403889.jpg
ほどなく前常念手前の石室に到着。後続のシマさん・りょこさんを待つ。10分くらいして二人が岩場を登ってきた。
f0353182_12100938.jpg
石室前で常念山頂を指さして記念撮影。
f0353182_12125561.jpg
前常念から常念岳山頂方面を望む。もうひと息だ。
f0353182_14193761.jpg
常念乗越と常念小屋を眼下に見て・・・
f0353182_12115388.jpg

常念岳山頂に到着!!先行4人でとりあえず記念撮影。
f0353182_12124095.jpg
狭い山頂で小休止。後続のチャーリーさん以下3名は40分程遅れているとのこと。先に蝶ヶ岳へ向かってくれということで、この山行のハイライト常念岳~蝶ヶ岳の稜線歩きへ。

途中の樹林帯ではこんなコバイケソウの大群生や・・・
f0353182_12131429.jpg

ひっそりたたずむ小さな池などがあり飽きない
f0353182_12132824.jpg
ここまでは晴れており、むしろ回復していくかな~という淡い期待を込める・・・ が!
f0353182_12135492.jpg

蝶槍のあたりから急にガスに包まれて雨が降り出してきた。
槍・穂高を望む稜線歩きを楽しみにしていたのに~~~>_<
・・・晴れていれば、こんな素敵な眺望が広がるのにぃ。。(ネットからの借り物です^^;)
f0353182_14041619.jpg

風雨が強まってきたところでちょうど超ヶ岳ヒュッテに到着。後続を待つまでの間に腹ごしらえ!
山小屋といえば・・・そうですカレーです^^
f0353182_14511835.jpg
お腹いっぱいでウトウトしながら後続を待っていると、おろしたてのノースのゴアカッパを着て泣きそうな表情のりょこさんと、マイペースを崩さないシマさんが到着した(写真撮り忘れた)

蝶ヶ岳ヒュッテは電波の圏外になっており、チャーリーさんグループからの情報が入らない。実は稜線歩き中Nさんのスマホに、みーやさんが捻挫したから遅れるというチャーリーさんからのメールが届いており、一同でそれとなく心配しはじめた。
捻挫の程度次第では歩行不能?どうやって下山?救助隊要請か??と不安が募るが、とりあえず自分が3人を迎えに来た道を引き返すことにして、Nさん、シマさん、りょこさんは先に下山してもらうことにした。

風雨が強まって3人の状態が気になるが、蝶槍を過ぎて下っていくと無事3人を発見した!みーやさんも鎮痛剤を飲んでいて思ったより元気だった。
f0353182_12143596.jpg

チャーリーさんも苦笑いでこの表情
f0353182_12144571.jpg

合流してみんなで励ましあいながら蝶ヶ岳ヒュッテに到着した。3人はカレーうどんを食べて元気回復。荒天の蝶ヶ岳を後に下山を開始した。

テン場もテントが飛ばされそうな強風だった。
f0353182_12150656.jpg

4人で慎重に下ること約2時間。残り1km位でNさんがお迎えに来てくれた。走り足りないNさんは飛ばせる最後の下り1kmを一人で2往復したとのこと!!
最後はこの登山道の人気者?! 「ゴジラみたいな木」を撮影して無事下山してきた。
f0353182_12155881.jpg
下山後、ほりでーゆで汗を流してようやく落ち着いた。
いろいろあったけど楽しい山行だったな~。各自アルプス登山の装備についても身をもって学ぶこともできたし、経験値も上がったかな。
チャーリーさん車の運転から女子2人の引率お疲れ様でした。シマさんもトレラン・本格登山に開眼ですか?Nさんも登山志向が高まりそうですね。
りょこさん、ゴアカッパ買っといて良かったね~。みーやさん、足首の捻挫お大事にね。エリーさん、懲りずにまた山行きましょう!

帰宅して〆鯖と白ワインで部屋飲み反省会していたら、途中で寝ちゃった。


投稿者:えいたろう


[PR]
by yaizuboys | 2015-07-20 15:35 | Comments(2)


by 焼津ボーイズ
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新のコメント
メンバーリンク
最新の記事
以前の記事
タグ
その他のジャンル